院庄林業って何の会社?

ふたつの院庄林業は、ひとつの想いで繋がっています

院庄林業は、主に木造建築のための木材を生産・加工している岡山県津山市の木の会社です。地元の皆様は院庄林業の名前をどこかで見かけたことがあるかもしれません。しかし、おそらく「院庄林業って何の会社?」と思われる方が多いでしょう。それは、院庄林業がこれまでB to B(企業間取引)を中心に、日本の木造建築の裏方に徹してきたからです。

一方で、院庄林業の住宅事業部では創業当初より高品質な木材を活かした独自の住宅づくりも行ってきました。そして、2008年にその住宅部門を分社化して設立したのが院庄林業住宅株式会社です。半世紀以上にわたって木材を作り続けてきた院庄林業グループだからこそ、木造住宅の素材にとことんこだわった家づくりができるのです。

木の家をもっと住みやすく、もっと美しく、もっと丈夫に。
それが院庄林業と院庄林業住宅の共通の想いです。

岡山品質の家づくり

THE OKAYAMA STANDARD

院庄林業住宅では、岡山の風土や伝統に適した家づくりを大切にしています。豊かな自然に囲まれた岡山だからこそ、自然と共存するためのエコ性能や、災害に強い耐震・耐火性能など、高い水準の性能が求められます。どのようなプランでも、当社独自の厳しい品質基準をクリアし、長く安心して健康に暮らすことのできる家を建てること、それが私たちの考える「岡山品質の家づくり」です。

岡山品質の家づくりについて、詳しくご覧ください

木材へのこだわり

MADE IN OKAYAMA MATERIALS

私たちの親会社である院庄林業は、半世紀以上に渡って岡山で林業を営んできました。最高級国産ひのきブランド「匠 乾太郎(たくみ・かんたろう)」をはじめ、強度と加工性に優れた集成材など、独自の製材技術で高品質な木材を開発してきました。また木材を事前に加工して現場にお届けするプレカット技術も国内最大規模で、日本の多くの木造住宅に日々院庄林業の木材をお届けしています。そんな自社の木材をふんだんに使った木の家の提案ができることは、私たちの最大の強みのひとつです。

木材へのこだわりについて、詳しくご覧ください

独自開発の技術

SELF-DEVELOPMENT

技術開発は院庄林業にとって大切な活動のひとつです。製材技術の向上を始め、常に家づくりに必要な新しい技術の開発を推進してきました。

院庄林業では、岡山県や県内の大学と産官学共同の開発を行うなど、岡山の一企業として地域社会の発展に貢献することを心がけています。その代表例が県産ヒノキ材の柱を重ね合わせて接着する『重ね梁』。岡山県木材組合連合会との共同開発で、従来の柱材を強度の高い横架材として活用できるようになりました。

また、岡山県農林水産総合センターと岡山大学との共同開発で生み出された『柿渋塗装木材』も、高性能な塗装木材として注目されています。

院庄林業が開発に携わった技術について、詳しくご覧ください

施工事例のご紹介

勝北の家

3LDK木造軸組工法シンプルモダン

真っ白な八角形の家

3LDK木造軸組工法南欧シンプル

南欧風のお家が新しく誕生しました。 真っ白な外壁に太陽が当たると、 ぬり壁独自の模様が浮かび上がります...

里にたたずむ古民家

古民家再生

お庭が迎える和風の家

4DK木造軸組工法和風

横野ホワイトハウス

3LDK木造軸組工法シンプルモダン

南欧風の家

5LDK木造金物工法南欧風

澄みきった青い空に映える塗り壁と多色瓦を採用しました。内部の床や棚にパイン材を多用し、南欧風テイストを...

まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

お住まいの新築のご相談、リフォームの悩みなど、お気軽にお寄せ下さい。プロの設計士やコーディネーターがお答えします。送付いただいた個人情報を使って当社から無断で営業することはございませんのでご安心ください。

より詳しいお問い合わせや資料請求はこちら

電話の方は0868-28-7111平日8:00 - 17:00